冷え性の改善方法/内側からあたたかくなるカラダへ

ウォーキング

ウォーキング

冷え性の人に一番おススメしたいのは、ウォーキングです。
ウォーキングは全身の筋肉の2/3を占める下半身の筋肉を使い、動かすことによって基礎体温を上げ、カラダの血行を良くする効果があります。
ウォーキングは、運動が苦手な方でも気軽にでき、続けやすいと思います。
電車・バスなどで通勤・通学されている場合、いつも降りる駅より一つ~二つ前の駅で降りて歩いてみるだけで、十分な効果が得られます。


カラダをあたためる食事

カラダを温める食事

ごぼう、人参、蓮根、山芋などの根菜類などの冬が旬の野菜、寒い地方で採れる野菜は、カラダを温める作用があるものが多いようです。
東北・北陸地方などの方は根菜類を煮物にして食べることが多いようですが、理にかなっていることなんですね。
他には、生姜・ネギ・にんにくなどの香味野菜やスパイスもカラダを温めてくれる効果があります。

 

ハーブティー

ハーブティー

ハーブティーには、カラダを温める作用があるものも多いです。
特におススメなのは、ジンジャーティーとシナモンティーです。消化を促し、カラダを温める効果がとても高いので寒い冬や冷え性の方におススメです。
他には、カモミールティーもおススメです。緊張をほぐしリラックスさせる効果があるので血行が良くなりカラダが温まります。

 

お風呂にゆっくり浸かる

入浴

お風呂にゆっくりと浸かるとカラダも心もゆったりとリラックスしますよね。
からだが十分に温まると緊張してた筋肉がほぐれ、それと共に心の緊張も緩みリラックス効果が得られます。カラダの血行も促進され、冷え性の改善に繋がっていきます。
寒い冬は特に、湯船に浸かってカラダをしっかりと温めましょう。
湯船に浸かるのが苦手な方は、自分の好きな香りや色の入浴剤を入れてみたり、本や漫画を持ち込んで読んでみたりすると日々のバスタイムがより楽しみになると思います。

 

ツボ押し

ツボ押し

ツボ押しは、ツボを押して刺激することによってカラダの自然治癒力を高め、不調を和らげる効果があります。
自律神経を整え、からだの血行を良くする、冷えに効果のあるツボを紹介します。

三陰交【さんいんこう】
→内くるぶしの中心から上へ指四本分のところにあります。
生理痛や生理不順など女性に悩みに効果が高く、冷え性の人には特に重要なツボです。

湧泉【ゆうせん】
→足の裏の中央より少し上。足の指を足の裏側に曲げると窪みが出来るところにあります。
疲労が溜まっているとき、気力が湧かない時にカラダ全体を元気にしてくれる万能ツボです。血行を良くしてくれるので冷え性にももちろん効果的です。

八邪【はちじゃ】
→両手の手の指の間八箇所です。水かきの部分にあります。
指先の血行を良くしてくれるので冷たいところに長時間いて手が冷たくかじかんでいる時などに効果的です。手にあるツボなのでどこでも押すことが出来るのもいいですね。