冷え症改善

冷えは、「万病の元」と言われていますが、最近冷えを感じることが多い人は増えているようです。
冷えを放っておくと免疫力や新陳代謝などが低下し、頭痛、生理痛、便秘、腰痛、肩こりなどの体のトラブルや病気を招きやすくなるとも言われています。
冷えは、日々の生活スタイルや習慣などに気をつけることで少しずつ改善していくことができます。
冷え性の原因・対策方法を知って、あたたかいカラダづくりを目指しましょう。

冷え性の症状

  • 冷え性とは、他の人が特に寒さを感じない温度環境にいる時にも手足や腰、下半身などが冷えて辛い状態のことを言います。
    具体的には、「お布団に入っても手足が冷えてなかなか眠れない」「暑い夏でも手足が冷える」「手足が常に冷えている」などの症状があります。
    冷えによるカラダにあらわれやすい不調は、むくみ、腹痛、胃がもたれやすい、不眠、風邪をひきやすくなる、集中力の低下など様々です。また便秘や下痢にもなりやすくなるため、痔の症状も引き起こしやすくなってしまいます。

冷え性の種類

自律神経失調タイプ
冷え性に最も多いタイプだと思われます。
自律神経は、各器官、血液循環や体温などを働かせ、調節・コントロールする作用があります。
自律神経のバランスが乱れると、疲れやすい・胃がもたれる・肩こり・頭痛・イライラや精神的に不安定になる・・など様々な症状を引き起こします。
自律神経は、ストレスに過敏に反応しやすく、緊張やイライラなどの感情と共に交感神経も緊張し、血管が収縮して血行が悪くなり冷えの原因となります。
ホルモンバランスの乱れ
自律神経と女性ホルモンの分泌は、同じ大脳の視床下部からの指令でコントロールされていて、互いに大きく影響しやすい密接な関係にあります。
女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経の働きが低下し、体温調節がうまくいかず、血行が悪くなってしまいます。
女性は、月に一度の生理、妊娠、出産、閉経などの時期にはホルモンのバランスが崩れやすく冷えを感じることが多いようです。
「下半身は冷えているのに、頭や顔はのぼせたように熱くなる」というような症状が出ます。
貧血タイプ
貧血とは、血液中の赤血球が少なく、足りていない状態をいいます。
血液中の主成分であるヘモグロビンは、酸素を取り込んで体の隅々まで運ぶ働きがあるのですが、ヘモグロビンが不足すると酸素不足になってしまいます。
そうすると熱源となる栄養素をエネルギーに変えられず、うまく体を温めることが出来なくなります。
このように、貧血は冷えを引き起こしやすくなります。
貧血タイプの冷え性には、食べ物の好き嫌いが多い、無理なダイエットを続けているなど食生活に偏りがある人が多いようです。また、貧血の人の多くは鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」と言われていますので、鉄分を多く含む食べ物【レバーやひじき・魚など】を意識して摂るようにするといいでしょう。